ここはMoodle3.9_試行版です。


このMoodleの特徴・注意点
  • Ver.3.9が利用できます(見た目と機能はほとんど変わりません)
  • Moodleでの学修活動がLearning Record Storeにも蓄積され、将来的にカウンセリング教員による学習指導等に活用できるかを検証します(学生個人の学修内容が公開されるものではありません)→コース開設者の方へ、恐れ入りますが、利用される際、「コースの設定を編集する」において「コースIDナンバー」へ授業コード(時間割表やユニパの授業名の前にに書いてある5桁の番号・記号)の入力をお願いいたします。後々の分析のため、コース開設時にお願いいたします。(後から入れてもログに反映されません/複数ある場合はカンマで区切って入れてください)わからない場合はmishimaあっとbio.mie-u.ac.jpまでご連絡ください。
  • 学生・教職員ともMoodle3.5と同じように利用できますが、Moodle3.5とは別システムです
  • 同時アクセス数が1000のため、多くのアクセスがあった際にレスポンスが落ちることがあります
  • 試行期間終了後にはバージョンアップ等が行われる予定のため、利用期間終了後はバックアップの作成をお願いします(試行期間:2022/4〜2023/3を予定していますが、利用プラグインのMoodle4.1LTSへの対応が確認できた場合は前倒しにて実施する可能性があります)